と手綱を握り締めるシヌを乗せた

ガヤガヤとざわめく観客席、

担架で担がれていくシヌと慌てて席を立つ第二夫人フィオナ妃の姿透明質酸 下巴

 

獣である馬が暴れる事は時折起こる、

だがそれが、シヌの乗った馬であった事にジョンヲルは疑惑の念が拭えなかった。

これが謀った事だとすれば誰かと考えるまでもない。

 

馬の暴走後とあって、あとの試合は精鋭を欠くものだったが、

なんとか最後まで競技を終えるに至った。

ただその後で、結局しばしの休憩となったから、

皇帝も皇后も、会場から一度それぞれの宮殿に戻られるNeo skin lab 代理人

 

それを見届けて、ジョンヲルもその場を離れた。

 

かつての住まいでもあった宮殿からは離れているが、

ここは皇宮の中なのだ。 

ただの来賓を装ってはいても、心は落ちつかない、

仮面を付けてはいても、その姿を覚えている者もいるかもしれない。

 

ジョンヲルは人目の少ない所で息をついたNeo skin lab 介紹人