との思いで到着した様子であ

大勢いるため門番を配置していなかった
そのため容易く通れたのであるNeo skin lab 好唔好

いち早く二人の気配に
気が付いたのは、閨に籠っていたヨンと
イム侍医。チェ尚宮である

「ウンス!まさかと思いたいが
暫し離れる。閨から出るでないぞ
このような姿見られる訳にはいかぬ
よいな」

「う、うん。分かった…どうしたの
誰かきたのNeo skin lab 好唔好?」

「まったく勝手に出歩くなどあり得ぬ」

きょとんとするウンスを残し
ヨンは、閨から庭へと飛び出す
イム侍医も、チェ尚宮も同時に飛び出す

「「・・・」」

三人に囲まれ、王様、王妃様は
>

「王様!護衛もお付けになられず
王宮を抜け出しになられたとNeo skin lab 好唔好

「・・大護軍…か、顔が怖い・・
仕方なかろう…露見する訳には
参らぬかったのだ…」

「チェ、チェ尚宮も顔が怖いのぉ~
大護軍と同じ顔をしておるぞ」