待つヒェリンには大

そして待ちに待ったチェ・ヨンからの
書簡が漸く届いた

浅黄の一見質素に見えるが上質の
紙に綴られた、
武骨な武人には似つかわしくない
丁寧な書体にヒェリンの胸は高鳴っていく

だが、その中身を読んだとき、
ヒェリンは愕然としてしまった
奈落の底へと落ちるとは正にこの事かと
思うくらい、天から地へと落とされた

チェ・ヨンからの返答は、
縁談の申し入れを断る内容だった

"折角の申し入れ、御断り致す"

この返答はヒェリンにとって到底受け入れがたい、
納得出きることではなかった

決して自分が、チェ・ヨンの周りにいるであろう
数多の女人達に見劣りするとは思えない
寧ろ、その中でも最上級だろう
家柄だって悪くはない
姻戚関係になってもチェ・ヨンを
支えていけるだけの力はあると思っている

なのに、何故、断られるのか

「分からない・・・」

親指の爪をきりきりと噛み、
部屋の中をうろうろと動き回りながら、
ヒェリンはひとり鬱々と考えていた

辺りはヒェリンの足音と
外からの喧騒が聞こえてくるだけ

暫くうろうろと歩き回っていたが、
急にぴたりと立ち止まると
考え込むように首を垂れ微動だにせずにいる
その異様な様子に、
そばに控える侍女は言葉もなく俯いていた

雨淅淅瀝瀝

雨,一直下著,淅淅瀝瀝,淅淅瀝瀝……

葉子落了一地,樹上只剩光禿禿的枝條;沒有了花,只有花骨靜默在雨中,路邊那枯黃的纖纖細草,顫顫地抖在風中。一切都蕭條著,冷落著,跟纖弱的他一起淋在雨中,濕在雨中。

他背著大大的書包,撐著大大的雨傘,在風中、雨中走走停停。雨傘打低了,看不見前面,雨傘打高了,風又不依不饒,他不知該怎麼辦才好,正如他不知道媽媽為什麼一定得去看著爸爸?爸爸為何得媽媽看著?媽媽不是應該看著孩子?看著家嗎?……太多的不可知道就像眼前的風雨,不知它何時會停。學是一定得上的,只好這樣頂著雨前行著,邁一步就離學校近一步,他用力撐著手中的雨傘,倔強地咬著嘴唇:“我一定不會遲到。”雨水濺濕了他的褲腳,路邊枯黃的草葉也刷著他的褲腳,或許這是最忠實的陪伴,每天的上學放學路上,見得最多的就是路邊的小草了,它們枯了又綠,綠了又枯,風中、雨中、陽光中都有它們的陪伴。

如果媽媽不回來,陪伴他上學放學的只有路邊的小草。

春的腳步在無聲地走近,大地醞釀著一個燦爛的萌發,但他沒有感覺到,一點都沒有。他被眼前的雨所籠罩,眼睛被雨霧蒙著。唯一的感覺是:這個雨季特別長。

開學前,他從奶奶那要了錢,買了一大堆的文具和一大疊的輔導書,他不知需要多少,反正媽媽在電話裏說了,你想買什麼就買吧,想買多少就買多少。他把文具擺弄過來又擺弄過去,把所有的輔導書都寫上了名字,再把它們整齊地排列在書桌上。奶奶煮好了飯菜,就等他去吃了,偌大的房子裏只聽到屋外淅淅瀝瀝的雨聲。

如果媽媽還不回來,留給他的,或許就是這無言的苦澀和難耐的孤單吧。

開學初的課間操上,排在前列的他伸著臂,彎著腰……從後面飄來一片笑聲,一陣高過一陣。他莫名地回過頭,原來,笑聲正緣他而起。當一同學指指他的褲子,告訴他扯開了縫時,他先是一愣,繼而蹲下身子,許久不肯站起來。

早上上學前,他跟奶奶說:“校服褲子開了縫,您幫我縫一下。”“一大櫃子的衣服,開縫了就不要了。”“不行,奶奶,今天得穿校服的。”他明明看見奶奶戴上老花鏡在縫補開縫的校服褲子,可為什麼還會開縫呢?他蹲在操場一角望著遠方暗暗喊道:“媽媽,我不做留守兒童。”

如果媽媽還不回來,他的天空會一直飄著雨!

他知道,春會帶來溫暖,夏會給人以溫暖,太陽也會給人以溫暖,他知道,雨會停的,風也會停的,草終會綠的。但,媽媽不在家的日子,他找不到心中的那輪紅太陽。家裏什麼都有,但他覺得自己似乎什麼也沒有,只有眼前這雨……

雨,淅淅瀝瀝,淅淅瀝瀝,依舊下著,落在大大的雨傘上,濺在小小的褲腳上,像在訴說,更像在呼喚……

Remove all ads

ウォルリョンって多分私を女とは見

「気づいていないのはユ様だけでしょう。同じ男だからあの者の目を見たらわかります。
ちょっとした心の隙間に入り込んだらやっかいです。
それから、先程のように、触れられる隙を作ってはいけません。ヨン様は嫌がるでしょう。」


「頭を触ったやつ?何の意味もないと思うけど・・。単に可愛い妹の頭を撫でた程度だと・・。」


「それが隙です。男は皆、何かしら下心をもっていると思って接した方がいいでしょう。
同級生で、親友だとしても異性は異性です。好きな女に自分以外の男がそんな事をしたら・・・。
私でしたら・・・、殴り殺すかもしれません。」

ユチョンさんそう言いながら、切れ長の綺麗な目で鋭く私を見た。
背中がひやっとして、思わず生唾を飲み込んでしまった。

え・・と、何かユチョンさんの見た目とのギャップが・・。
どこかヨンにも似ている威圧感があるというか・・。

まぁ、言われてみれば確かにヨン以外の男に触られてら気持ち悪いかも。
ウォルリョンは、友達だから大丈夫だったけど。

ノックもなく入って来たヨンが入って来て直ぐに私に声を掛けた。
「あいつが来ただと?」

多分、部屋の外に居るチュンソクさんに聞いたのね。
私が答えるより早く、ユチョンさんが口を開いた。
「私が同行して見張りました。
只、大学時代の昔話をして、これから手術のユ様を励まして帰りました。」

「ウンス。そうなのか?」

「うん・・・。」

「何もされなかったか?」

「頑張れって、頭に手を置いていったけど・・・。」

「何?」
明らかにヨンが苛つきを見せたのがわかった。
余計な事を言ってしまった...?

私は助けを求めてユチョンさんを見たけど、ユチョンさんが呆れた顔をしていた。

ヨン様失礼します。」
そう言いながら、頭を下げてユチョンさんが部屋を出た。

あ・・・ユチョンさんが逃げた。

私は、ヨンに手を引かれて、ベットの端に座らされた。
私の前には腕を組んで立つヨンが、私を見下ろしている。

「さて、どこに触れたと?」

と手綱を握り締めるシヌを乗せた

ガヤガヤとざわめく観客席、

担架で担がれていくシヌと慌てて席を立つ第二夫人フィオナ妃の姿透明質酸 下巴

 

獣である馬が暴れる事は時折起こる、

だがそれが、シヌの乗った馬であった事にジョンヲルは疑惑の念が拭えなかった。

これが謀った事だとすれば誰かと考えるまでもない。

 

馬の暴走後とあって、あとの試合は精鋭を欠くものだったが、

なんとか最後まで競技を終えるに至った。

ただその後で、結局しばしの休憩となったから、

皇帝も皇后も、会場から一度それぞれの宮殿に戻られるNeo skin lab 代理人

 

それを見届けて、ジョンヲルもその場を離れた。

 

かつての住まいでもあった宮殿からは離れているが、

ここは皇宮の中なのだ。 

ただの来賓を装ってはいても、心は落ちつかない、

仮面を付けてはいても、その姿を覚えている者もいるかもしれない。

 

ジョンヲルは人目の少ない所で息をついたNeo skin lab 介紹人

との思いで到着した様子であ

大勢いるため門番を配置していなかった
そのため容易く通れたのであるNeo skin lab 好唔好

いち早く二人の気配に
気が付いたのは、閨に籠っていたヨンと
イム侍医。チェ尚宮である

「ウンス!まさかと思いたいが
暫し離れる。閨から出るでないぞ
このような姿見られる訳にはいかぬ
よいな」

「う、うん。分かった…どうしたの
誰かきたのNeo skin lab 好唔好?」

「まったく勝手に出歩くなどあり得ぬ」

きょとんとするウンスを残し
ヨンは、閨から庭へと飛び出す
イム侍医も、チェ尚宮も同時に飛び出す

「「・・・」」

三人に囲まれ、王様、王妃様は
>

「王様!護衛もお付けになられず
王宮を抜け出しになられたとNeo skin lab 好唔好

「・・大護軍…か、顔が怖い・・
仕方なかろう…露見する訳には
参らぬかったのだ…」

「チェ、チェ尚宮も顔が怖いのぉ~
大護軍と同じ顔をしておるぞ」

成長路上的葉子

昨天豔陽高照,連續加班一個月終於休息了,於是我騎著破自行車,在烈日下貪婪地用眼睛拍攝著這座熟悉的城市裏那些久違了的熟悉景色——全然不顧手臉被曝曬的火辣辣的,好在如雲的清涼美女總能給我帶來一絲悅目的享受。
返家時來到金碧綠路上遭遇了堵車,連自行車道都很難通行,雖說依然有美女在目,但畢竟還是有些憋氣。於是乎,等到好不容易疏通開道路之後,我一陣狂踩,把同伴遠遠拋在身後。累了,停在路邊等夥伴,沒想到突然聽到有人叫我的名字,聲音清脆且堅定。回頭一看,一位亭亭玉立的少女俏在我的身後滿臉微笑地看著我。我愣了一下,隨即,大腦裏閃現出了關於她的所有記憶:她是我三年前在大學校園裏認識的,只不過那時候她還是個初中剛畢業從老家出來昆明闖蕩的小姑娘,滿臉怯生生。
“小葉!”我隨口就叫出了她的名字,竟然沒有叫錯。“呵呵,你還記得我呢……能在這裏遇見你真的好意外!”看得出來,眼前的少女已經不再是三年前那個羞澀膽小的小妹妹了,她一臉陽光,眼睛裏寫滿了自信。短暫的交談後得知,她現在在一家醫藥公司上班,生活上還比較如意。因為她約好了朋友,所以我們僅僅互相留了對方的電話號碼後便分開了。
同伴在不遠處驚訝地等著我,趕上他後,我抑制不住的興奮,跟他講述了我和小葉相識的全過程。
三年前,我正沉浸在一場風花雪月的故事中享受著戴著腳鐐跳舞的快感和幸福。只要我的女朋友來到我所在的校區,我們便會一起去校園附近那條著名的小街上吃小吃。一個晚秋的週末,當時的雲大本部飄散著金黃金黃的銀杏葉片。女朋友陪我去逛了書店後我們一起來到那家小吃店。我在嘴裏塞了一個噴香的包子之後便迫不及待地打開新買的《讀者》流覽起目錄來。就在這時,身邊的女友拉了拉我的衣袖,我抬頭看看她,她努嘴示意我看前方,我有些迷惑地看了看前方,原來,這家店裏新來了一位服務員。我以為女朋友在跟我開那種“快看,美女!”的玩笑,於是刮了她的鼻子一下繼續看我的書,女朋友還是拉我的衣袖讓我看,這時我才注意到,這位新來的服務員看的不是我,而是我手中的書!她的神情那麼專注,仿佛目光被那本《讀者》上伸出來的無形的線拴住了一樣。
我都看她半天了她才反應過來,臉一下子就紅了:“哥哥,你很喜歡看這本雜誌嗎?”,我點點頭,她一下子笑了,仿佛找到了知音一般:“我也特別喜歡看!在老家上初中的時候,我看過兩次……”也許就是因為這本書,我突然感覺跟她很親近了起來。“你今年初中剛畢業嗎?”我有些詫異地問她。她扭頭向小店的里間望瞭望,沒見老闆,於是就很爽快地跟我說了起來:“是的,我今年初中畢業,家裏不讓我再念書了,所以我就跑出來打工。要是待在家裏,很快就要嫁人的!”我驚訝於她的爽朗,畢竟我們前後認識不到十分鐘。
身邊的女朋友沒有向以前那樣調侃我“小色狼”,而是像一個大姐姐一樣看著她。我瞭解女友,她跟我一樣,被小姑娘眼睛中的那種怯生生的眼神打動了。小兔子受到驚嚇後就是那種眼神。
本來還想跟她說點什麼,但是見她不住地望里間看著,很擔心的樣子,我便也只好壓抑住了繼續交流的願望——她要幹活了,不然她的老闆會不高興的。“哥哥,很高興認識你!我叫小葉,我幹活去了!”說完,她轉身輕快地進了里間。就那樣,我的生命中憑空多出了一片在清風中飄蕩的,不知道明天將會落到哪里的小葉子,多出了一個小妹妹。

往事悠然一笑間

世間煙火,生生滅滅,這何嘗不是生活用盡苦心的提醒,人生一場經過,能擁有什麼,又能失去什麼,抓得越多,失得越多。生活的禪法,也就在於自我內心的積極與智慧,穿過那些故事的紛擾,活出內心的光明與平和,友好與諒解,把生命活出一場越來越寬闊的突破和嶄新。
雨懂雲的沉重,才會義無反顧;風懂葉的無奈,才會純情TEOSYAL 效果而舞。有些人,朝夕相處,卻形同陌路;有些人,只一眼相知,卻是魂魄相依。懂,無需太多語言,有時只需一個微笑,一眼凝眸,它是靈魂與靈魂的對白,它是心與心的共鳴。因為懂得,所以慈悲;因為懂得,所以相惜。懂,不是一個字,而是一顆心。
真正的愛,是接受,不是忍受;是支持,不是支配;是慰問,不是質問;真正的愛,要道謝也要道歉。要體貼,也要體諒。要認錯,也好改錯;真正的愛,不是彼此凝視,而是共同沿著同一方向望去。其實,愛不是尋找一個完美的人。而是,要學會用完美的眼光,欣賞一個並不完美的人。
緣分不過是一樹花開的際遇,遇見若珍惜,便是春暖花開;揮手若別離,便是一地落紅。在因緣楊婉儀幼稚園際會時,莫負韶華、莫負時光,更莫負每一個與自己有緣的人。若,真的走到山窮水盡,也不要去傷害你愛過的人和愛過你的人。畢竟,彼此慰藉,彼此溫暖過,學會感恩紅塵中的每一場遇見。
人生,終是沒有如果。人生無常,不想去說,誰是誰非。只想說,擁有時,請珍惜!人們都期望,生活會迎著初升的太陽燦爛,會在沐浴中星輝斑斕。命運不是一個機遇問題,而是一個選擇問題,它不是我們要等待的東西,而是我們要實現的東西。
有一天你會明白,人不能太善良,如果事事太大度和寬容,別人不會感激你,反而會變本加厲。人就應有點脾氣,過分善良會讓你丟失自己的價值和尊嚴,過分善良也是一種傻。記住一句話:人善被人欺,馬善被人騎。凡事適可而止,善良過了頭,就缺少心眼;謙讓過了頭,就成了軟弱。
年齡越大,對友情的要求越來越高。我們也不是喜歡孤獨,沒人願意這麼高傲著在漸漸往來的婚宴套餐優惠歲月裏發黴。都因為見識了太多真情假意,有時候就太容易看破一些真的假的朋友。活得越來越清晰,卻失去了一些糊裏糊塗的快樂。幸或不幸?到如今連自己也難說清。
往事悠然一笑間,不必空憂,不必留戀。我們一路走來,只是為了告別過往,欣賞沿途的風景,讓心安住於當下。修行在路上,成功在路上,幸福在路上,一切的美好都在路上。倘若讓憂傷填補了生命的空白,讓煩惱佔據了生活的高地,那就真的是褻瀆了生命。